D51型

 デゴイチといえば蒸気機関車の代名詞 1115両製造、180両以上が保存される。 D51225、若松区で最後まで活躍した。現役時代は非常に美しかったが状態は極めて悪い 九州北部の保存機は状態が悪いものが多い。  習志野市保存のD51324 長野工場式デフを装備した貴重なタイプ。2001年12月解体されてしまった。この他、D51463も年を越すことができず解体された。  危機情報が伝えられた海南市保存のD51930は2003年5月18日に岩出町に移転し2003年9月13日より一般公開。  状態の極めて悪かったD51483は保存会が結成され見事に修復されています。  2003年9月に北海道豊浦町のD51953に解体の危機が伝えしましたが、何とか回避でき2004年5月より修理を開始しました。  2004年10月3日、矢岳で保存されるD51170の砲金製区名札が盗難に遭う。犯人は捕まっていない。


D51 906《第1動輪》 <最新情報 2005年3月> Googleで検索
 

やまてつ:2005年3月21日撮影
福知山駅前に保存されているD51906の動輪です。福知山駅は高架化が進められており、来年完成予定です。それによりこの動輪の去就が心配です。動輪手前にはタイムカプセルなるものがありました。
⇒全て表示


@所在地
   京都府 福知山市 字半田 JR西日本 福知山電車区
A車歴
  製造: 1944年2月15日 三菱重工三原工場 No.409
  さよなら運転: 1973年9月29日 関西線
  廃車: 1973年11月8日 奈良
B保存に関わる情報
C参考
 福知山駅前に展示されていましたが、高架工事に伴い撤去され、福知山電車区に保管されています。


D51 915《第2動輪》 <最新情報 2008年3月> Googleで検索
 

やまてつ:2008年3月22日撮影
D51915の第二動輪である事が刻印より解りました。
⇒全て表示


@所在地
   兵庫県 三田市 あかしあ台 はじかみ池公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1944年3月31日 三菱重工三原工場 No.418
  新製配置: 1944年5月7日 水戸
  移動: 1964年12月16日 旭川
  移動: 1965年2月1日 名寄
  移動: 1972年3月19日 岩見沢
  廃車:
  廃車: 1976年1月17日 岩見沢
B保存に関わる情報
C参考
 D5125とは離れたはじかみ池公園の南端で保存されています。


D51 916 <最新情報 2007年11月> Googleで検索
 

愛媛のKaze:2007年10月19日撮影
 児童公園内に屋根付きで保存されています。外見では塗装は色あせ始めており、先頭部はかなり錆が浮いています。外装諸装備は揃っていましたし、自由に入れる運転室ですが、諸計器類もきれいに整備されておりました。
⇒全て表示


@所在地
   群馬県 前橋市 西片貝町5-7 児童交通公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1943年12月12日 日本車輌 No.1219
  新製配備: 1944年1月1日 糸崎
  移動: 1948年6月16日 新得
  移動: 1954年12月27日 岩見沢
  移動: 1968年10月1日 小樽
  移動: 1973年10月16日 名寄
  移動: 1975年2月6日 追分
  廃車: 1976年3月10日 追分
保存時契約当事者
 国有鉄道:高崎鉄道管理局長 相手方:群馬県前橋市長 1976年5月1日
 JR発足時の移管先:JR東日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
  D51 916汽車・電車1971年〜保存車のページ
 屋根が付き、整備されている模様で、状態は良好


D51 917 <最新情報 2008年10月> Googleで検索
 

愛媛のKaze:2008年10月9日撮影
 下石井公園の整備が終わり、D51-917号機にも屋根と低柵が設けられ足回りも油が注入されきれいに整備がされていました。運転室内もブレーキ圧力計以外は一応装着されて、操作系統やバルブも色分けされて塗装され、保存状態は良好な状態となりました。
⇒全て表示


@所在地
   岡山県 岡山市 幸町 下石井公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1943年12月20日 日本車輌 No.1220
  配置: 1948年7月1日 盛岡
  配置: 1957年11月1日 盛岡
  配置: 1968年4月1日 盛岡
  移動: 1968年9月1日 浜田
  移動: 1971年12月4日 新見
  廃車: 1972年3月27日 新見
保存時契約当事者
 国有鉄道:岡山鉄道管理局長 相手方:岡山県岡山市長 1972年8月30日
 JR発足時の移管先:JR西日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR西日本(無償貸与)
C参考
 東北本線、山陰線で活躍し、最後は伯備線使用された。2007年度末に行われた整備では、保存場所が多少移動しています。


D51 918《第3動輪》 Googleで検索
 
@所在地
   大分県 大分市
A車歴
  製造: 1943年10月 川崎製造 No.2892
  配置: 1948年7月1日 門司
  配置: 1957年11月1日 門司
  配置: 1968年4月1日 門司
  配置: 1972年3月31日 門司
  廃車: 1974年6月20日 吉松
B保存に関わる情報
C参考
 1975年に鉄道関係者より譲りうけ、敷石は別大電車の軌道石だそうです。


D51 921 <最新情報 2005年6月> Googleで検索
 


やまてつ:2005年6月18日撮影
状態は良いのですが、野外保存のため腐食が目立ちます。最近塗装が行われてないためか劣化が目立ちます。
⇒全て表示


@所在地
   長野県 長野市 篠ノ井御弊川281-1 篠ノ井市民会館前 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1943年11月8日 川崎車輌 No.2895
  配置: 1948年7月1日 高崎第二
  配置: 1957年11月1日 木曽福島
  配置: 1968年4月1日 木曽福島
  全般検査: 1968年9月22日 長野工場
  廃車: 1972年4月28日 木曽福島
   走行距離: 1,726,180km
保存時契約当事者
 国有鉄道:長野鉄道管理局長 相手方:長野県長野市長 1972年6月23日
 JR発足時の移管先:JR東日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
  D51 921長野県保存機関車
  D51 921汽車・電車1971年〜保存車のページ
 状態はまずまず、ボイラー安全弁御下賜車
Dアスベストについての対応
 2005年10月時点 ロープが張られ立入禁止


D51 923 <最新情報 2006年8月> Googleで検索
 

「ふるさとの蒸気機関車」 駅長さん:2006年8月22日撮影
久留米は夕立のなかの撮影でしたが、もうバッチリなっとります。今年6月に整備。
⇒全て表示


@所在地
   福岡県 久留米市 東櫛原町 久留米市鳥類センター Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 川崎車輌 No.2897
  配置: 1948年7月1日 秋田
  配置: 1957年11月1日 秋田
  配置: 1968年4月1日 横手
  移動: 1972年9月7日 南延岡
  廃車: 1974年2月1日 南延岡
  保管: 柳ヶ浦支所
  輸送: 1974年3月17日
   走行距離: 2,058,000km
保存時契約当事者
 国有鉄道:門司鉄道管理局長 相手方:福岡県久留米市長 1974年2月28日
 JR発足時の移管先:JR九州
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR九州(無償貸与)
C参考
  「ふるさとの蒸気機関車」
 長く東北方面で活躍、副灯を装備し、九州の車輌としては違和感がある。屋根は保存当初より設置されており、破損も少なく状態は非常に良い。
E参考資料
 鉄道ファン162号(1974-10) P135 POST D51923久留米に来る


D51 929《第3動輪》 <最新情報 2004年7月> Googleで検索
 

やまてつ:2004年7月9日撮影
@所在地
   北海道 勇払郡安平町 追分柏が丘22 追分町立追分小学校 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1943年12月 川崎車輌 No.2909
  配置: 1948年7月1日 長万部
  配置: 1957年11月1日 岩見沢
  配置: 1968年4月1日 鷲別
  配置: 1972年3月31日 鷲別
  廃車: 1972年7月19日 鷲別
  廃車: 1972年7月19日 鷲別
B保存に関わる情報
C参考
 追分中立小学校の校長宅前に保存


D51 930 <最新情報 2004年3月> Googleで検索
 

やまてつ:2004年3月13日撮影
和歌山県保存のD51のなかで唯一地元を走っていた車両であり、赤井製作所赤井社長の尽力で岩出町に移転し保存されることになりました。移転後に各部を観察させていただきました。保存会が結成され、各部修繕、磨きだしが行われました。ヘッドライトなど仮の部品で修理されたものもあります。
⇒全て表示


@所在地
   和歌山県 岩出市 根来2347-2 根来SL公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1943年11月30日 川崎車輌 No.2910
  新製配備: 1943年12月29日 米原
  移動: 1948年8月23日 敦賀
  移動: 1962年5月4日 金沢
  移動: 1964年6月21日 上諏訪
  移動: 1965年7月3日 紀伊田辺
  廃車: 1972年11月7日 紀伊田辺
  貸与: 1973年1月14日 海南市
  一般公開: 1973年2月7日 海南市みなと公園
  仮保管所移設: 1998年6月29日 公園閉鎖に伴い
  譲渡: 2002年11月27日 岩出町
  移設: 2003年5月17日 岩出町根来SL公園
保存時契約当事者
 国有鉄道:天王寺鉄道管理局長 相手方:和歌山県海南市長 1973年1月15日
 JR発足時の移管先:JR西日本
B保存に関わる情報
  管理: 赤井工作所  所有: 岩出市
C参考
  D51 930Welcome to Hibiki's Homepage!
 最終仕事は1972年11月6日、引退後海南市のみなと公園に保存、万葉集にちなんで「黒牛号」と命名された。
1998年7月、保存場所の海南市みなと公園に公共施設建設のため仮保管場所に移転した。
ところが保存候補地に用地・移動の関係で移転できない状況で,解体の可能性も出てきたのですが。
和歌山県保存のD51のなかで唯一地元を走っていた車両であり、赤井製作所赤井社長の尽力で岩出町に移転し保存されることになりました。
E参考資料
 鉄道ピクトリアル No.279(1973-6) P84 TOPIC PHOTOS D51930海南市に保存


D51 942 <最新情報 2002年1月> Googleで検索
 

やまてつ:1999年9月2日撮影
@所在地
   北海道 茅部郡森町 字赤井川 民宿旅館ハイツ前 Yahoo地図 Google地図
2006年6月17日より
A車歴
  製造: 川崎車輌 No.2957
  配置: 1948年7月1日 長万部
  配置: 1957年11月1日 長万部
  配置: 1968年4月1日 長万部
B保存に関わる情報
C参考
 長年放置状態でしたが、2006年6月17日より解体された。
E参考資料
 蒸気機関車 No47(77-1) P26-27 北海道の保存蒸気 奥野和弘


D51 943 <最新情報 2007年11月> Googleで検索
 

愛媛のKaze:2007年8月29日撮影
 交通公園内に屋根付きで保存されています。塗装は分厚く塗られてケバがあり、最近塗装された感じがありますが、外装機器も一緒に吹き付けた模様です。外装備では後部ライトが欠損、ヘッドライトも球・ガラスが損失、運転室の窓枠・ガラスもありません。また、運転室内部の諸計器も失われているものもあり、外見は良いのですが総合的には荒廃気味といえます。
⇒全て表示


@所在地
   静岡県 富士市 鷹岡本町12−1 市立入山瀬交通公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1944年3月18日 川崎車輌 No.2958
  新製配備: 1944年5月15日 長万部
  移動: 1949年4月18日 小樽築港
  移動: 1973年10月29日 北見
  全検切れ: 1978年8月14日
  廃車: 1976年3月1日 滝川
   走行距離: 2,369,293km
保存時契約当事者
 国有鉄道:静岡鉄道管理局長 相手方:静岡県富士市長 1977年5月5日
 JR発足時の移管先:JR東海
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東海(無償貸与)
C参考
 屋根付で保存、保存会が存在するらしく整備が行われており、状態まずまずであった。


D51 946 <最新情報 2006年1月> Googleで検索
 




やまてつ:2006年1月29日撮影
石炭博物館の駐車場に展示されています。整備も行われ綺麗に塗装され状態も良かったです。ただし、野外保存のため各所腐食のため補修されていました。この機関車の「展示の特徴はピットがあり、機関車を下から眺めることができることです。
⇒全て表示


@所在地
   福島県 いわき市 常磐湯本町向田3-1 いわき市石炭化石館 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 川崎車輌 No.2961
  配置: 1948年7月1日 新鶴見
  配置: 1957年11月1日 田端
  配置: 1968年4月1日 平
  さようなら運転: 1970年3月22日 常磐線(8630との重連)
  廃車: 1970年4月9日 平
保存時契約当事者
 国有鉄道:水戸鉄道管理局長 相手方:福島県いわき市長 1970年8月11日
 JR発足時の移管先:JR東日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
 常磐線電化後も貨物牽引用としてしばらく残り、1970年3月22日に8630と重連でお別れ運転を行い引退しました。


D51 947 <最新情報 2014年5月> Googleで検索
 




やまてつ:2014年5月17日撮影
 宇都宮市にある三和テッキ工場に移転後、工場公開にあわせて訪問しました。状態は良好です。公開はつき1回程度ということで、三和テッキホームページをご覧ください。
⇒全て表示


@所在地
   栃木県 宇都宮市 中岡本町2703 三和テッキ 宇都宮工場 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 川崎車輌 No.2962
  配置: 1948年7月1日 多治見
  配置: 1957年11月1日 名古屋
  移動: 1966年7月16日 鷲別
  廃車: 1971年11月24日 鷲別
  保存開始: 1971年12月15日
保存時契約当事者
 国有鉄道:青函船舶鉄道管理局長 相手方:北海道七飯町長 1972年4月1日
 JR発足時の移管先:JR北海道
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
 七飯町のSL公園に保存されていましたが荒廃していた。1998年頃に箱根町の個人が引き取り修復、2005年4月1日より函嶺・ふる里集蔵館(神奈川県 足柄下郡箱根町 箱根92−1 函嶺・ふる里集蔵館)にて公開されていた。2012年8月ころ、栃木県宇都宮市企業に移転した。


D51 953〔胆振炭鉱鉄道 D5104〕 <最新情報 2012年9月> Googleで検索
 




やまてつ:2012年9月撮影
9月16日〜21日まで機関車全体の塗装をしてきました。思った以上に塗装が剥離している箇所があり、原因が現役時代の塗装がエナメル質で、現在の塗装に会わないことが上げられました。テンダー非公式側のみ全剥離し、塗りなおしました。前回整備から4年経過なので、下地は剥離箇所のみとし、電動塗装機でなるべく厚めに塗装しました。次回整備は5年後を予定します。
⇒全て表示


@所在地
   北海道 虻田郡豊浦町 中央公民館前広場 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1941年2月19日 汽車製造 No.2234
  : 胆振縦貫鉄道
  移動: 1944年7月1日 伊達
  移動: 1949年3月29日 名寄
  缶交換: 1952年1月30日 D51359のものに交換
  移動: 1952年9月7日 旭川
  移動: 1974年12月29日 岩見沢第一
  最終使用: 1975年12月13日 224レ 室蘭→岩見沢
  廃車: 1976年3月1日 岩見沢
   走行距離: 2,359,714km
  保存開始: 1976年3月26日
保存時契約当事者
 国有鉄道: 相手方: 
 JR発足時の移管先:JR北海道
B保存に関わる情報
  管理: 虻田郡豊浦町  所有: 虻田郡豊浦町
C参考
  元胆振縦貫鉄道のD51で1976年に廃車後、胆振縦貫鉄道近くの豊浦町に保存された。ギースルエジェクター煙突を装備していることが特徴。 腐食のためヘッドライト紛失してしまいました。
2003年9月解体廃棄の話があがりました。一時期、すぐにでも解体とあったD51953が継続して保存できることになりました。


D51 954〔胆振炭鉱鉄道 D5105〕 <最新情報 2007年11月> Googleで検索
 

愛媛のKaze:2007年7月17日撮影
 文化会館横の敷地に屋外保存されています。外観では後部ライトが失われていますが、それ以外の外装諸装備・機器は揃っており、塗装もきれいです。主軸・ロッドにも油がさしてあり、整備されています。運転室内も諸計器も整備されていました。全体として良好な状態に見受けます。プレートは模造なのでしょうか?
⇒全て表示


@所在地
   北海道 富良野市 弥生町1-2 富良野市文化会館 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1943年5月7日 日立製作所 No.1785
  納入: 胆振縦貫鉄道D5105
  買収: 1944年7月1日 伊達紋別
  移動: 1949年3月26日 名寄
  移動: 1952年8月16日 旭川
  廃車: 1975年2月28日 旭川
   走行距離: 2,189,361km
  保存開始: 1975年7月23日
B保存に関わる情報
  管理: 富良野市  所有: JR北海道(無償貸与)
C参考
 元胆振鉄道の車輌、整備を受けて状態がよい



参考図書
 世界の鉄道'76 特集●蒸気C58,D51 毎日新聞社
 SL No.2 1969 交友社
 蒸気機関車 No18(72-3) D51特集
 蒸気機関車 No46(76-11) D51特集
 蒸気機関車 No62(79-7) D51特集

蒸気機関車ほか、鉄道保存車輌のページ トップへ