D51型

 デゴイチといえば蒸気機関車の代名詞 1115両製造、180両以上が保存される。 D51225、若松区で最後まで活躍した。現役時代は非常に美しかったが状態は極めて悪い 九州北部の保存機は状態が悪いものが多い。  習志野市保存のD51324 長野工場式デフを装備した貴重なタイプ。2001年12月解体されてしまった。この他、D51463も年を越すことができず解体された。  危機情報が伝えられた海南市保存のD51930は2003年5月18日に岩出町に移転し2003年9月13日より一般公開。  状態の極めて悪かったD51483は保存会が結成され見事に修復されています。  2003年9月に北海道豊浦町のD51953に解体の危機が伝えしましたが、何とか回避でき2004年5月より修理を開始しました。  2004年10月3日、矢岳で保存されるD51170の砲金製区名札が盗難に遭う。犯人は捕まっていない。


D51 603《前頭部》 <最新情報 2014年5月> Googleで検索
 

やまてつ:2014年5月1日撮影
開館から10年が経過しましたが、良好な状態のD51 603前頭部です。切断された位置が煙室より後ろのため、大煙管、小煙管、過熱管の仕組みがわかります。
⇒全て表示


@所在地
   京都府 京都市右京区 嵯峨天竜寺車道町 嵯峨野観光鉄道 19世紀ホール Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1941年2月23日 日立製作所笠戸工場 No.1434
  新製配置: 1941年3月7日 宇都宮
  移動: 1944年9月14日 高崎
  移動: 1945年12月25日 柳井
  移動: 1946年1月8日 岡山
  移動: 1950年8月5日 姫路
  移動: 1955年11月19日 敦賀
  移動: 1956年1月29日 金沢
  移動: 1962年6月10日 稲沢第一
  移動: 1964年1月12日 滝川
  中間検査A出場: 1975年10月3日 苗穂工場
  最終運用: 1975年12月24日 夕張線5794列車
  廃車: 1976年3月10日 追分
B保存に関わる情報
  管理:   所有: ?
C参考
  D51 603《前頭部》汽車・電車1971年〜保存車のページ
 1975年11月に国鉄最後の工場出場車、保存予定であったが1976年4月未明に起きた追分機関区火災で焼損後に解体された。
しかしながらその一部は誰にも知られず、SL収集家のもとで保存され、2002年11月に突如として人前に現われた。
2003年春に整備されて公開された。このほかに、動輪が三笠鉄道村に保存されている。
E参考資料
 鉄道ファン No.190(1977-2) P112 追分機関区その後 杉山茂


D51 603《第3動輪》 <最新情報 2006年9月> Googleで検索
 

やまてつ:2006年9月20日撮影
塗装が行われ綺麗な状態でした。刻印の個所はペンキが深く入り込まないようにテープが張られ塗装されており、D51603のものであることがわかります。
⇒全て表示


@所在地
   北海道 三笠市 幌内 三笠鉄道記念館 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1941年2月23日 日立製作所笠戸工場 No.1434
  新製配置: 1941年3月7日 宇都宮
  移動: 1944年9月14日 高崎
  移動: 1945年12月25日 柳井
  移動: 1946年1月8日 岡山
  移動: 1950年8月5日 姫路
  移動: 1955年11月19日 敦賀
  移動: 1956年1月29日 金沢
  移動: 1962年6月10日 稲沢第一
  移動: 1964年1月12日 滝川
  中間検査A出場: 1975年10月3日 苗穂工場
  最終運用: 1975年12月24日 夕張線5794列車
  廃車: 1976年3月10日 追分
B保存に関わる情報
  管理:   所有: ?
C参考
 1975年11月に国鉄最後の工場出場車、保存予定であったが1976年4月未明に起きた追分機関区火災で焼損後に解体された。
しかしながらその一部は誰にも知られず、SL収集家のもとで保存され、2002年11月に突如として人前に現われた。
2003年春に整備されて公開された。このほかに、動輪が三笠鉄道村に保存されている。
E参考資料
 鉄道ファン No.190(1977-2) P112 追分機関区その後 杉山茂


D51 607 <最新情報 2006年5月> Googleで検索
 




やまてつ:2006年5月2日撮影
各部の観察を行いました。ATS発電機が運転室側に取り付けられているのが特徴的です。汽笛が盗難にあい、模造品が取り付けられていることが残念です。
⇒全て表示


@所在地
   福井県 福井市 福町3-20 運動公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1941年3月10日 日立製作所笠戸工場 No.1438
  配置: 1948年7月1日 福井
  配置: 1957年11月1日 富山
  配置: 1968年4月1日 富山第一
  廃車: 1971年9月30日 福井
保存時契約当事者
 国有鉄道:金沢鉄道管理局長 相手方:福井県知事 1971年10月1日
 JR発足時の移管先:JR西日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR西日本(無償貸与)
C参考
 屋根付で保存されていますが、雪害の影響か腐食が進んでいる個所があります。汽笛は盗難にあい、模造品が取り付けられています。


D51 609 <最新情報 2005年12月> Googleで検索
 




やまてつ:2005年12月30日撮影
⇒全て表示


@所在地
   千葉県 成田市 花崎町 栗山公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1941年3月17日 日立製作所笠戸工場 No.1440
  配置: 1948年7月1日 姫路第一
  配置: 1957年11月1日 長岡第一
  配置: 1968年4月1日 坂町
  廃車: 1972年12月9日 新津
   走行距離: 2,091,092km
保存時契約当事者
 国有鉄道:千葉鉄道管理局長 相手方:千葉県成田市長 1973年6月22日
 JR発足時の移管先:JR東日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
  D51 609汽車・電車1971年〜保存車のページ
 成田市の栗山公園にある609号機の移転後の写真お送りします。移転先は京成本線の高架をくぐった先で、旧展示場所とは目と鼻の先です。小綺麗な上屋で雰囲気は明るくなりましたが、機関車本体の状態は以前と変っていないようで、煙室戸のいたずら書きはそのままです。また、逆転棒の取り付け方もおかしく、前方が妙に浮き上がっています(2004年4月以降SM)。

☆成田市 D51609 の移設について
2000年末より工事に入り、2004年3月に完成予定です。
<経緯>
 機関車が地盤沈下等の影響で傾き、転倒の危険性を生じていた。
公園整備にあわせ、一旦機関車を移動させ、基礎をつくったうえで設置が行なわれます。
同時に、
 見栄えを考慮した3面張りの屋根を設置する。
 ピットを設置し、機関車の下からの見学を可能とする。
 貨車2両を連結する。 
公園設備としてこの他に
 5インチのミニ軌道が敷設されミニSLが運転される層である。
 公園はSLを中心として整備し
 成田市ではSLについては遊具ではなく教材としての位置付けだそうです。
公園の完成は2004年3月です。


D51 611《第3動輪》 <最新情報 2007年5月> Googleで検索
 

やまてつ:2007年5月1日撮影
形状より第3動輪である事がわかります。
@所在地
   新潟県 岩船郡荒川町 大字坂町 坂町駅前 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1941年3月27日 日立製作所笠戸工 場 No.1442
  新製配置: 1941年4月9日 甲府
  移動: 1941年11月26日 敦賀
  移動: 1942年3月1日 福井
  移動: 1944年9月14日 浜松
  移動: 1948年5月16日 静岡
  移動: 1949年9月24日 甲府
  移動: 1957年10月14日 新津
  移動: 1972年10月10日 五稜郭
  移動: 1973年5月25日 滝川
  全検切れ: 1974年11月29日
  廃車: 1976年1月17日 滝川
B保存に関わる情報
C参考
 平成15年(2003年)4月に坂町駅前に設置された事がかかれています。それまでどこに保管されていたのかは不明です。長く羽越線で活躍した機関車なので、この地に保存されたのは幸いな事です。


D51 612《第3動輪》 <最新情報 2006年5月> Googleで検索
 

やまてつ:2006年5月4日撮影
@所在地
   山口県 長門市 東深川 長門駅前 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1941年3月29日 日立製作所笠戸工 場 No.1443
  新製配置: 1941年4月9日 甲府
  移動: 1942年3月1日 福井
  移動: 1944年9月11日 浜松
  移動: 1962年6月16日 上諏訪
  移動: 1965年4月1日 長門
  移動: 1966年10月26日 津和野
  移動: 1973年9月9日 長門
  さよならSL: 1975年1月12日 長門市→下関 D51720+D51612
  廃車: 1975年2月15日 長門
   走行距離: 2,015,373km
B保存に関わる情報
C参考
 現役時代は集煙装置を装備、最晩年は撤去されていた。本州最後のSLのうちの1台であるが保存されなかった。長門市駅前への動輪の設置は1975年3月31日。


D51 620 <最新情報 2007年11月> Googleで検索
 

愛媛のKaze:2007年7月25日撮影
 大山口駅近くに屋外保存されていました。外観では塗装は色あせ海岸が近いので、塩害の錆と汚濁雫が目立ちます。外装諸装備は整っていましたが、汽笛は模擬なのでしょうか。運転室内は窓ガラス越しに覗きましたが、数点計器類がありませんでしたが、整っている方でした。大戦時に米軍の機銃掃射を受けた歴史ある機という説明版があり、状況からは早めの整備が急がれます。
⇒全て表示


@所在地
   鳥取県 西伯郡大山町 国信550-1 JR大山口駅前 Yahoo地図 Google地図
2009年10月に解体
A車歴
  製造: 1941年1月17日 日本車輌 No.898
  新製配備: 1941年1月30日 静岡
  移動: 1944年5月29日 米原
  移動: 1944年7月14日 大館
  移動: 1945年12月31日 姫路第一
  移動: 1956年11月1日 鷹取
  移動: 1958年9月14日 鳥取
  移動: 1969年9月30日 米子
  移動: 1974年4月25日 浜田
  廃車: 1975年4月30日 浜田
保存時契約当事者
 国有鉄道:米子鉄道管理局長 相手方:鳥取県大山町長 1976年4月26日
 JR発足時の移管先:JR西日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR西日本(無償貸与)
C参考
  D51620は末期は山陰線などで活躍し、1975年には米子―益田間を、本州最後のSL列車「石州号」 として走り、引退した。1976年から旧大山町が「歴史資料に」として国鉄から無償貸与を受け、大山駅前で展示した。その後、2〜3年ごとに80万〜200万円かけて塗装や補修をしてきたが、今年度もさび落としや塗装に230万円かかることがわかり、断念し。現状保存を条件に譲渡の公募をおこなった。
 輸送費がネックとなり引き受けてが現れず、最終的には隠岐の島に部分保存をすることで隠岐商事に引き取られた。


D51 620《動輪》 <最新情報 2007年11月> Googleで検索
 

愛媛のKaze:2007年7月25日撮影
 大山口駅近くに屋外保存されていました。外観では塗装は色あせ海岸が近いので、塩害の錆と汚濁雫が目立ちます。外装諸装備は整っていましたが、汽笛は模擬なのでしょうか。運転室内は窓ガラス越しに覗きましたが、数点計器類がありませんでしたが、整っている方でした。大戦時に米軍の機銃掃射を受けた歴史ある機という説明版があり、状況からは早めの整備が急がれます。
⇒全て表示


@所在地
   島根県 隠岐郡隠岐の島町
A車歴
  製造: 1941年1月17日 日本車輌 No.898
  新製配備: 1941年1月30日 静岡
  移動: 1944年5月29日 米原
  移動: 1944年7月14日 大館
  移動: 1945年12月31日 姫路第一
  移動: 1956年11月1日 鷹取
  移動: 1958年9月14日 鳥取
  移動: 1969年9月30日 米子
  移動: 1974年4月25日 浜田
  廃車: 1975年4月30日 浜田
保存時契約当事者
 国有鉄道:米子鉄道管理局長 相手方:鳥取県大山町長 1976年4月26日
 JR発足時の移管先:JR西日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR西日本(無償貸与)
C参考
  D51620は末期は山陰線などで活躍し、1975年には米子―益田間を、本州最後のSL列車「石州号」 として走り、引退した。1976年から旧大山町が「歴史資料に」として国鉄から無償貸与を受け、大山駅前で展示した。その後、2〜3年ごとに80万〜200万円かけて塗装や補修をしてきたが、今年度もさび落としや塗装に230万円かかることがわかり、断念し。現状保存を条件に譲渡の公募をおこなった。
 輸送費がネックとなり引き受けてが現れず、最終的には隠岐の島に部分保存をすることで隠岐商事に引き取られた。
 機関車解体後、翌年に隠岐の島内に動輪とロッドの一部が展示されている。


D51 656《第3動輪》 <最新情報 2004年2月> Googleで検索
 
@所在地
   埼玉県 川口市 新井宿1105 いろり Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1941年7月5日 日立製作所笠戸工 場 No.1474
  廃車: 1971年12月13日 小樽築港
B保存に関わる情報
C参考
 


D51 663 <最新情報 2004年8月> Googleで検索
 

やまてつ:2004年8月6日撮影
2004年5月に整備が行われ綺麗になりました。北海道型の特徴をよく残しています。
⇒全て表示


@所在地
   青森県 十和田市 西3番町10-6 十和田市市民文化センター Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1941年9月24日 三菱造船 No.339
  配置: 1948年7月1日 吹田
  配置: 1957年11月1日 名古屋
  配置: 1968年4月1日 旭川
  廃車: 1974年11月8日 滝川
保存時契約当事者
 国有鉄道:盛岡鉄道管理局長 相手方:青森県十和田市長 1975年3月4日
 JR発足時の移管先:JR東日本
B保存に関わる情報
  管理: 十和田市  所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
 屋根付で保存のため状態は良好です。最近の修理としては2004年5月に再塗装のため赤色の下塗り状態であることを急行ながとさんが確認しています。廃車はSL最後の年より少し前のため、シールドビーム副灯が付くなど完全な状態で保存されています。


D51 668《動輪》 <最新情報 2002年1月> Googleで検索
 

やまてつ:
@所在地
   兵庫県 宝塚市 雲雀丘4-2-1 雲雀丘学園
A車歴
  製造: 1941年11月25日 三菱重工神戸造船所 No.344
  廃車: 1973年1月17日 人吉
B保存に関わる情報
C参考
 


D51 684 <最新情報 2006年1月> Googleで検索
 



やまてつ:2006年1月7日撮影
機関車の荒廃により立入禁止の措置が取られていました。修理されることを望みたい。
⇒全て表示


@所在地
   東京都 東村山市 恩多町 運動公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1942年3月21日 日本車輌 No.1028
  配置: 1948年7月1日 吹田
  配置: 1957年11月1日 長町
  移動: 1967年10月13日 秋田
  移動: 1972年10月11日 五稜郭
  廃車: 1976年3月1日 岩見沢
保存時契約当事者
 国有鉄道:東京西鉄道管理局長 相手方:埼玉県東村山市長 1976年3月5日
 JR発足時の移管先:JR東日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
  D51 684汽車・電車1971年〜保存車のページ
 荒廃気味


D51 688 <最新情報 2007年3月> Googleで検索
 


やまてつ:2007年3月18日撮影
夕暮れ時に撮影、機関車は良く整備され、夕日に照らされて綺麗でした。金沢(左側デフの切込み)、青森(シールドビーム)、中津川(集煙装置)の履歴が、この機関車の特色に表れています。
⇒全て表示


@所在地
   愛知県 岡崎市 若松町 南公園交通広場 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1942年8月13日 国有鉄道浜松工場 No.67
  新製配置: 1943年8月21日 米原
  移動: 1945年11月12日 大垣
  移動: 1947年8月28日 稲沢
  移動: 1948年4月21日 福井
  移動: 1964年7月14日 糸魚川
  移動: 1969年9月30日 富山第一
  移動: 1970年3月2日 金沢
  移動: 1970年10月11日 青森
  移動: 1971年10月12日 中津川
  廃車: 1973年6月16日 中津川
   走行距離: 1,932,100km
  保存開始: 1973年7月30日
保存時契約当事者
 国有鉄道:名古屋鉄道管理局長 相手方:愛知県岡崎市長 1973年7月29日
 JR発足時の移管先:JR東海
B保存に関わる情報
  保存会 岡崎SL保存協力会
  管理:   所有: JR東海(無償貸与)
C参考
  D51 688汽車・電車1971年〜保存車のページ
 屋根付で保存、公園内には近くには岡崎SL保存協力会の手により整備を受け状態が極めてよい。保存会の活動日は毎月第二日曜 9:00からです。皆様も是非ご協力ください。、


D51 691 <最新情報 2007年11月> Googleで検索
 

愛媛のKaze:2007年8月28日撮影
 公園内に屋根つきと高い柵に囲まれて保存されており、近づくことはできませんが、外観では塗装も良く外装諸装備も完備しており、整備を受けている機と伺えました。
⇒全て表示


@所在地
   奈良県 天理市 田井庄町 田井庄池公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 鷹取工場 No.35
  配置: 1948年7月1日 盛岡
  配置: 1957年11月1日 奈良
  配置: 1968年4月1日 奈良
保存時契約当事者
 国有鉄道:天王寺鉄道管理局長 相手方:奈良県天理市長 1971年12月24日
 JR発足時の移管先:JR西日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR西日本(無償貸与)
C参考
 屋根付で整備を受け状態が極めてよい。接近できない
E参考資料
 蒸気機関車 No68(80-7) P6-7 わが町の静態保存機


D51 694《第3動輪》 <最新情報 2006年5月> Googleで検索
 


やまてつ:2006年5月4日撮影
浜田駅前に保存されているD51694第3動輪、山陰本線、伯備線の貨物、客車列車を牽引したことが、案内板に標記されている。
@所在地
   島根県 浜田市 浅井町791-2 浜田駅前 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1942年10月7日 鷹取工場 No.38
  配置: 1948年7月1日 吹田
  配置: 1957年11月1日 鷹取
  配置: 1968年4月1日 鳥取
  廃車: 1972年1月31日 浜田
B保存に関わる情報
C参考
 腕木式信号機とともに保存、刻印あり


D51 695《第3動輪》 <最新情報 2004年7月> Googleで検索
 

やまてつ:2004年7月撮影
@所在地
   北海道 旭川市
A車歴
  製造: 1942年6月18日 日立製作所笠戸工 場 No.1649
  廃車: 1972年2月7日 五稜郭
B保存に関わる情報
  管理:   所有: 個人所有
C参考
 旭川市の古物商の店先に看板として置かれていた。



参考図書
 世界の鉄道'76 特集●蒸気C58,D51 毎日新聞社
 SL No.2 1969 交友社
 蒸気機関車 No18(72-3) D51特集
 蒸気機関車 No46(76-11) D51特集
 蒸気機関車 No62(79-7) D51特集

蒸気機関車ほか、鉄道保存車輌のページ トップへ