D51型

 デゴイチといえば蒸気機関車の代名詞 1115両製造、180両以上が保存される。 D51225、若松区で最後まで活躍した。現役時代は非常に美しかったが状態は極めて悪い 九州北部の保存機は状態が悪いものが多い。  習志野市保存のD51324 長野工場式デフを装備した貴重なタイプ。2001年12月解体されてしまった。この他、D51463も年を越すことができず解体された。  危機情報が伝えられた海南市保存のD51930は2003年5月18日に岩出町に移転し2003年9月13日より一般公開。  状態の極めて悪かったD51483は保存会が結成され見事に修復されています。  2003年9月に北海道豊浦町のD51953に解体の危機が伝えしましたが、何とか回避でき2004年5月より修理を開始しました。  2004年10月3日、矢岳で保存されるD51170の砲金製区名札が盗難に遭う。犯人は捕まっていない。


D51 300 <最新情報 2014年9月> Googleで検索
 




やまてつ:2014年9月23日撮影
参加4日目です。一斉に機関車上塗りを行いました。午前中には上塗り作業がほぼ終了し午後には解散となりました。
⇒全て表示


@所在地
   山口県 山陽小野田市 大字郡貴船町 殿町児童公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1939年10月31日 川崎車輌 No.2208
  配置: 1948年7月1日 柳井
  配置: 1957年11月1日 柳井
  配置: 1968年4月1日 厚狭
  廃車: 1972年12月1日 厚狭
保存時契約当事者
 国有鉄道:広島鉄道管理局長 相手方:山口県山陽町長 1973年3月5日
 JR発足時の移管先:JR西日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR西日本(無償貸与)
C参考
 腐食が進行し、荒廃が進んでいましたが、2014年9月〜12月にかけて山陽小野田市シルバー人材センター、厚狭の杜プロジェクト、全国の保存鉄道にかかわる人有志による整備が行われた。


D51 303 <最新情報 2011年5月> Googleで検索
 




やまてつ:2011年5月3日撮影
鳥取砂丘の国正面入り口付近に移転したD51303です。きれいに整備されていりますが、ほとんど外板は張りかえられているようでした。
⇒全て表示


@所在地
   鳥取県 鳥取市 浜坂1157 鳥取砂丘子供の国 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1939年11月9日 日立製作所笠戸工場 No.2211
  新製配備: 1939年11月16日 吹田第一
  移動: 1945年9月30日 福知山
  移動: 1958年9月4日 鳥取
  移動: 1969年9月30日 米子
  廃車: 1973年3月1日 米子
   走行距離: 2,070,868km
保存時契約当事者
 国有鉄道:米子鉄道管理局長 相手方:鳥取県知事 1973年3月27日
 JR発足時の移管先:JR西日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR西日本(無償貸与)
C参考
 近年整備された模様


D51 311 <最新情報 2001年9月> Googleで検索
 

やまてつ:2001年9月20日撮影
@所在地
   北海道 北見市 留辺蘂町旭中央 ユースホステル前SL公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1939年10月10日 日立製作所笠戸工場 No.1190
  新製配備: 1939年10月23日 小郡
  移動: 1945年1月25日 柳井
  移動: 1948年6月17日 旭川
  移動: 1961年10月1日 遠軽
  廃車: 1975年9月30日 遠軽
   走行距離: 2,626,236km
  保存開始: 1975年8月26日
保存時契約当事者
 国有鉄道:旭川鉄道管理局長 相手方:北海道留辺蕊町長 1974年11月15日
 JR発足時の移管先:JR北海道
B保存に関わる情報
  管理: 常呂郡留辺蕊町  所有: JR北海道(無償貸与)
C参考
 20年前に1回整備された。荒廃が進行しつつある。
E参考資料
 蒸気機関車 No47(77-1) P26-27 北海道の保存蒸気 奥野和弘


D51 312 <最新情報 2007年11月> Googleで検索
 

愛媛のKaze:2007年7月14日撮影
 公園内の屋外保存されており、C58-98から150mぐらいのところにありました。外観上は左デフレクターが大きく歪んでおりました。また、左側の配管各本が壊れていたり、損失していました。塗装は色あせが見られ始めていました。後部ライトが損失、運転室内部も各計器類の損失が見られ、状況としては、C58-98と同じでした。公園管理人の方のお話では、最近では整備した様子は無いとのことでした。
⇒全て表示


@所在地
   北海道 深川市 日向 桜山パークゴルフ場 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1939年10月13日 日立製作所笠戸工場 No.1191
  配置: 1948年7月1日 小郡
  配置: 1957年11月1日 北見
  配置: 1968年4月1日 北見
  廃車: 1973年8月10日 北見
  保存開始: 1974年1月8日
保存時契約当事者
 国有鉄道:旭川鉄道管理局長 相手方:北海道深川市長 1974年11月15日
 JR発足時の移管先:JR北海道
B保存に関わる情報
  管理: 深川市  所有: JR北海道(無償貸与)
C参考
 塗油が行なわれ比較的良好な状態を保つが。機関車左側が破損している。雪の重み?転倒?
E参考資料
 蒸気機関車 No47(77-1) P26-27 北海道の保存蒸気 奥野和弘


D51 320 <最新情報 2012年9月> Googleで検索
 




やまてつ:2012年9月22日撮影
追分駅120周年記念ベントのため土曜日に公開が行われました。機関車はきわめて状態がよく、火をくべれば走れそうでした。
⇒全て表示


@所在地
   北海道 勇払郡安平町 追分中央 鉄道記念館 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1939年11月11日 日立製作所 No.1199
  新製配備: 1939年11月23日 函館
  移動: 1944年10月11日 五稜郭
  移動: 1950年8月25日 長万部
  移動: 追分
  廃車: 1976年1月17日 追分
保存時契約当事者
 国有鉄道:札幌鉄道管理局長 相手方:北海道追分町長 1976年8月1日
 JR発足時の移管先:JR北海道
B保存に関わる情報
  管理: 勇払郡追分町  所有: JR北海道(無償貸与)
C参考
 車庫内に保存され極めて状態がよい。4月〜10月までの第2、4金曜日に機関車を引き出して展示と整備が行われる。
2004年7月9日、展示日に行ってきました。当日は天気が悪く、機関車は引き出されませんでしたが、元機関士の皆様方に機関車についていろいろ解説していただけました。
E参考資料
 蒸気機関車 No47(77-1) P26-27 北海道の保存蒸気 奥野和弘


D51 324 <最新情報 2001年12月> Googleで検索
 

やまてつ:2001年12月9日撮影
解体されるというメールを頂いて駆けつけました。陰も形も無くなっていました。こんなことは繰り返したくない。
⇒全て表示


@所在地
   千葉県 習志野市 習志野3-4-4 習志野文教センター コミュニティーセンター・プラネタリュウム館 Yahoo地図 Google地図
2001年12月解体
A車歴
  製造: 1939年11月1日 日立製作所笠戸工場 No.1203
  配置: 1948年7月1日 長岡第一
  配置: 1957年11月1日 長岡第一
  配置: 1968年4月1日 酒田
  廃車: 1973年8月10日 酒田
   走行距離: 2,200,000km
保存時契約当事者
 国有鉄道:千葉鉄道管理局長 相手方:千葉県習志野市長 1973年10月23日
 JR発足時の移管先:JR東日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
 屋根付で保存されていたため、腐食の点では良かったのですが、荒廃のため解体、無念
E参考資料
 蒸気機関車 No74(81-7) P6-7 わが町の静態保存機


D51 333 <最新情報 2008年9月> Googleで検索
 

やまてつ:2008年9月16日撮影
白老駅北口広場に移転してからのD51333です。移転後も周囲の白い柵、ステップなどに変更も無く、塗装はつやがあり、ロッドは磨き出しクリアー吹き付けの状態、機関車前に信号踏み切りが目障りに展示される。移転前とはほとんど変化がありませんでした。
⇒全て表示


@所在地
   北海道 白老郡白老町 若草町1丁目1 JR白老駅北広場 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1939年12月17日 日本車輌 No.1212
  : 不明
  移動: 1944年10月3日 函館
  お召し牽引: 1954年8月8日 函館ー大沼
  お召し牽引: 1954年8月9日 大沼ー長万部
  移動: 1964年10月1日 五稜郭
  移動: 1967年4月30日 岩見沢
  移動: 1972年9月21日 追分
  廃車: 1975年11月5日 追分
   走行距離: 2,649,444km
  保存開始: 1976年3月4日
保存時契約当事者
 国有鉄道:札幌鉄道管理局長 相手方:北海道白老町長 1976年8月1日
 JR発足時の移管先:JR北海道
B保存に関わる情報
  管理: 白老郡白老町  所有: JR北海道(無償貸与)
C参考
 整備され状態が良い。シリンダーブロックなどは補修済み。ロッドは油磨きではなく、磨きだし後クリアーペンキの吹き付けである。
2008年3月に保存場所のポロト公園から白老駅北側に移転した。
E参考資料
 蒸気機関車 No47(77-1) P26-27 北海道の保存蒸気 奥野和弘


D51 337 <最新情報 2004年7月> Googleで検索
 

やまてつ:2004年7月4日撮影
相変わらず状態は特上です。機関車は油で丹念に磨かれていて、いつでも走れそうな状態です。
⇒全て表示


@所在地
   北海道 上川郡和寒町 字北町 郷土資料館 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1939年12月27日 日立製作所笠戸工 場 No.1216
  新製配備: 1939年12月27日 岡山
  移動: 1950年9月17日 吹田
  移動: 1952年9月16日 旭川
  移動: 1953年6月15日 名寄
  全検切れ: 1975年3月16日
  廃車: 1975年3月20日 名寄
  保存開始: 1976年3月4日
保存時契約当事者
 国有鉄道:旭川鉄道管理局長 相手方:北海道和寒町長 1976年9月1日
 JR発足時の移管先:JR北海道
B保存に関わる情報
  管理: 上川郡和寒町  所有: JR北海道(無償貸与)
C参考
 機関車は油で磨かれ極めて良い状態である。今にも動かせそうな状態でした。
E参考資料
 蒸気機関車 No47(77-1) P26-27 北海道の保存蒸気 奥野和弘


D51 337《動輪》 <最新情報 2005年5月> Googleで検索
 

やまてつ:2005年5月6日撮影
名寄機関庫跡にある宗谷北線運輸営業所前に保存されるD51型動輪です。D51337のプレートがありますが、D51337は和寒で保存されているので別の車両のものと思われます。表側には刻印は見つかりませんでした。
@所在地
   北海道 名寄市 東1条南6丁目 宗谷北線運輸営業所前 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1939年12月27日 日立製作所笠戸工場 No.1216
  廃車: 1975年3月20日 名寄
B保存に関わる情報
C参考
 


D51 345 <最新情報 2006年5月> Googleで検索
 



やまてつ:2006年5月6日撮影
パイプ煙突はすそが無く、模造品とわかるようなものであった。給水ポンプ付近のランボードの形状が非対称である。
⇒全て表示


@所在地
   兵庫県 揖保郡太子町 鵤 太子山公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1939年1月31日 日立製作所笠戸工場 No.1224
  新製配備: 1940年2月12日 長町
  移動: 1944年10月9日 青森
  移動: 1945年8月9日 尻内
  移動: 1959年11月16日 池田
  移動: 1962年9月19日 小樽築港
  ギースル-エジェクター改造: 1968年3月25日 苗穂工場
  移動: 1968年3月29日 追分
  ギースル-エジェクター改造:
  廃車: 1976年1月10日 追分
   走行距離: 2,269,644km
  保存開始: 1975年2月8日
保存時契約当事者
 国有鉄道:大阪鉄道管理局長 相手方:兵庫県太子町長 1975年9月1日
 JR発足時の移管先:JR西日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR西日本(無償貸与)
C参考
 現役時はギースル-エジェクター装備機であったが、なぜか普通煙突に
E参考資料
 蒸気機関車 No68(80-7) P6-7 わが町の静態保存機


D51 348《第3動輪》 Googleで検索
 
@所在地
   岐阜県 高山市 高山機関区跡
所在不明
A車歴
  製造: 1939年2月14日 日立製作所 No.1227
  : 今庄
  廃車: 1973年5月31日 中津川
B保存に関わる情報
C参考
 リターンクランク付きで保存、現在は所在不明。
E参考資料
 鉄道ピクトリアル No296(74-8) P78 高山機関区にD51の動輪据付


D51 349 <最新情報 2008年3月> Googleで検索
 




やまてつ:2008年3月3日撮影
屋根がつき、綺麗に整備されました。しかし汽笛をはじめとして一部の部品が盗難にあっているのが残念です。
⇒全て表示


@所在地
   長野県 岡谷市 長地 勤労福祉センター 諏訪ハイツ Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1940年2月15日 日立製作所笠戸工 場 No.1228
  新製配備: 1940年2月24日 敦賀
  移動: 1957年10月13日 上諏訪
  ギースル-エジェクター改造: 1963年3月8日 長野工場
  移動: 1964年6月10日 小樽築港
  移動: 1968年2月17日 追分
  廃車: 1976年3月19日 追分
保存時契約当事者
 国有鉄道:長野鉄道管理局長 相手方:長野県岡谷市長 1976年12月19日
 JR発足時の移管先:JR東日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
  D51 349長野県保存機関車
  上諏訪区にてギースルエゼクターを初装備した記念すべき機関車です。その前は集煙装置、重油タンク付でした。1963年3月8日に長野工場で取付けを完了し、3月15日から24日まで試験を行った。

E参考資料
 鉄道ピクトリアル No.144(1963-5) P72 特殊矩形煙突D51で試験 木村 敬
 鉄道ファン No.23(1963-5) P61 ワルツの国からやってきた煙突
 蒸気機関車 No71(81-1) P6-7 わが町の静態保存機
 蒸気機関車 No18(72-3) P21-22 D51のギーゼルエゼクターについて 長谷川真平


D51 351 <最新情報 2008年3月> Googleで検索
 




やまてつ:2008年3月2日撮影
旧中央西線のカーブ上に設置されているため、機関車は若干左に傾いている。2004年頃に整備されたが、塗装が剥離がはじまっており、使用した塗料が悪かったのではないかと考えられます。運転席両側のナンバープレートが盗難にあっているのが残念です。
⇒全て表示


@所在地
   長野県 木曽郡南木曽町 和合 SL公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1940年2月23日 日立製作所笠戸工 場 No.1230
  新製配備: 1940年3月4日 福井
  移動: 1940年4月1日 金沢
  移動: 1942年6月18日 福井
  移動: 1964年6月13日 富山
  移動: 1965年10月13日 新庄
  移動: 1967年3月22日 横手
  移動: 1971年10月5日 木曽福島
   走行距離: 2,141,417km
  保存開始: 1974年5月1日
保存時契約当事者
 国有鉄道:長野鉄道管理局長 相手方:長野県南木曽町長 1973年3月23日
 JR発足時の移管先:JR東日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
  D51 351長野県保存機関車
 
中央西線にて活躍、1973年頃 木曽福島区にて廃車、集煙装置は取外され保存。
E参考資料
 鉄道ファン No.164(1974-12) P106 木曽路だより 佐野嘉春


D51 365《動輪》 <最新情報 2005年5月> Googleで検索
 

やまてつ:2005年5月6日撮影
道の駅おこっぺのある公園内に保存されているD51型第3動輪です。刻印は「0」以外には読み取れず、果たしてD51365のものかどうかは不明です。
@所在地
   北海道 紋別郡興部町 幸町 道の駅 おこっぺ(名寄本線興部駅跡) Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1940年4月24日 日立製作所笠戸工 場 No.1244
  : 函館
B保存に関わる情報
C参考
 


D51 367《動輪》 <最新情報 2001年9月> Googleで検索
 

やまてつ:2001年9月20日撮影
@所在地
   北海道 北見市 北見駅南側 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1940年5月4日 日立製作所笠戸工 場 No.1246
  新製配備: 1940年5月24日 函館
  移動: 1945年12月6日 五稜郭
  移動: 1950年9月1日 長万部
  移動: 1973年8月1日 岩見沢第一
  廃車: 1975年12月3日 岩見沢
B保存に関わる情報
C参考
 


D51 370 <最新情報 2009年9月> Googleで検索
 




やまてつ:2009年9月17日撮影
大森山公園に保存されているD51232と同様腐食が進み荒廃しているのに驚きました。各部観察すると煙突が落ちそうであり、早めに手立てをする必要を感じました。
⇒全て表示


@所在地
   秋田県 秋田市 土崎港中央3-9-45 土崎児童公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1940年5月18日 日立製作所笠戸工 場 No.1249
  配置: 1948年7月1日 酒田
  配置: 1957年11月1日 山形
  配置: 1968年4月1日 新庄
保存時契約当事者
 国有鉄道:秋田鉄道管理局長 相手方:秋田県秋田市長 1973年8月21日
 JR発足時の移管先:JR東日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
 塩害のためか腐食が進行、心配な車輌、2004年までに再塗装され綺麗になっているが、細部まで直されていない。いたずら書きも見られる。


D51 385 <最新情報 2008年6月> Googleで検索
 

いしい:2008年6月8日撮影
鎌ヶ谷市にあるD51385ですが、6月8日に訪問した際綺麗に再塗装されていました。
⇒全て表示


@所在地
   千葉県 鎌ヶ谷市 初富924 市制公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1939年11月13日 日本車輌 No.760
  配置: 1948年7月1日 吹田
  配置: 1957年11月1日 平
  配置: 1968年4月1日 下関
  廃車: 1973年10月25日 長門
   走行距離: 1,370,000km
保存時契約当事者
 国有鉄道:千葉鉄道管理局長 相手方:千葉県鎌ヶ谷市長 1973年11月12日
 JR発足時の移管先:JR東日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR東日本(無償貸与)
C参考
  D51 385汽車・電車1971年〜保存車のページ
 近年整備されていない模様であるが、屋根つきで接近できないため心配なし。テンダーが戦時型に振り返られている。


D51 386《動輪》 <最新情報 2004年1月> Googleで検索
 
@所在地
   滋賀県 草津市 大路2丁目7−62 草津第二小学校 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1939年11月17日 日本車輌 No.761
  配置: 1948年7月1日 岡山
  配置: 1957年11月1日 新見
  配置: 1968年4月1日 新見
  廃車: 1972年11月21日 新見
B保存に関わる情報
C参考
 


D51 395 <最新情報 2006年5月> Googleで検索
 




やまてつ:2006年5月5日撮影
機関車は野外保存の割には程度は良いが、汽笛が盗難にあっているのは残念である。汽笛の盗難は、根元の部分を糸鋸で切断したものである。
⇒全て表示


@所在地
   山口県 周南市 公園区 徳山市立動物園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1940年1月17日 日本車輌 No.770
  配置: 1948年7月1日 長岡第一
  配置: 1957年11月1日 長岡第一
  配置: 1968年4月1日 広島
  廃車: 1971年5月22日 広島
   走行距離: 1,180,000km
保存時契約当事者
 国有鉄道:広島鉄道管理局長 相手方:山口県徳山市長 1971年10月13日
 JR発足時の移管先:JR西日本
B保存に関わる情報
  管理:   所有: JR西日本(無償貸与)
C参考
 状態は良い


D51 397 <最新情報 2004年7月> Googleで検索
 

やまてつ:2004年7月4日撮影
⇒全て表示


@所在地
   北海道 士別市 大通 つくも公園 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1940年1月22日 日本車輌 No.773
  配置: 1948年7月1日 函館
  配置: 1957年11月1日 五稜郭
  移動: 1960年11月16日 函館
  移動: 1964年10月1日 五稜郭
  移動: 1967年4月30日 滝川
  移動: 1975年10月7日 追分
  全検切れ: 1975年5月11日
  廃車: 1976年3月10日 追分
  保存開始: 1976年3月26日
保存時契約当事者
 国有鉄道:旭川鉄道管理局長 相手方:北海道士別市長 1976年5月30日
 JR発足時の移管先:JR北海道
B保存に関わる情報
  管理: 士別市  所有: JR北海道(無償貸与)
C参考
 2000年5月に訪問したときには腐食が進行し心配でしたが、2004年7月訪問までに修理されました。しかし部品の紛失が多く痛々しいです。
E参考資料
 蒸気機関車 No47(77-1) P26-27 北海道の保存蒸気 奥野和弘


D51 398 <最新情報 2004年7月> Googleで検索
 

やまてつ:2004年7月4日撮影
⇒全て表示


@所在地
   北海道 名寄市 緑丘222番地 北国博物館 Yahoo地図 Google地図
A車歴
  製造: 1940年1月24日 日本車輌 No.774
  新製配置: 1940年2月9日 岩見沢
  移動: 1943年9月8日 追分
  移動: 1947年10月1日 旭川
  移動: 1969年10月4日 北見
  移動: 1972年3月15日 名寄
  準鉄道記念物指定: 2010年10月14日 JR北海道
  廃車: 1973年9月10日 名寄
   走行距離: 2,372,301km
  保存開始: 1976年9月1日
保存時契約当事者
 国有鉄道:旭川鉄道管理局長 相手方:北海道名寄市長 1977年1月15日
 JR発足時の移管先:JR北海道
B保存に関わる情報
  保存会 キマロキ保存会
  管理: 名寄市  所有: JR北海道(無償貸与)
C参考
 旧名寄本線上にキマロキ編成で保存、2003年、北国博物館で行われたのキマロキ展示にあわせて修理された。しかしながら部品紛失も多い。冬期はホロをかけて保存。2010年10月14日にJR北海道により排雪列車「キマロキ」編成として準鉄道記念物に指定された。
E参考資料
 蒸気機関車 No47(77-1) P26-27 北海道の保存蒸気 奥野和弘



参考図書
 世界の鉄道'76 特集●蒸気C58,D51 毎日新聞社
 SL No.2 1969 交友社
 蒸気機関車 No18(72-3) D51特集
 蒸気機関車 No46(76-11) D51特集
 蒸気機関車 No62(79-7) D51特集

蒸気機関車ほか、鉄道保存車輌のページ トップへ